海外旅行保険

Archive for 2013年12月


世界遺産パハルプール@バングラデシュ

2013年12月19日 更新▲

今回は、ワーキングホリデーで世界を旅する
SHIHOさんのバングラデシュ・レポートをご紹介します。

 

宿に腹を立てつつ、クシュティアからジョエプルハットへ。

ここジョエプルハットには、バングラデシュが誇る仏教遺跡「パハルプール」があるのです!

・・・とは言ってもそんなに興味無いんだけど。

ネパール行きまで結構余裕あるから行ってみることに。
一応世界遺産だし。

道ながら、「案内するよ!」って勝手に私の前を歩き出した少年達に着いて行くと、どうやら正門に通じる道ではなく、入場料を払うことなくパハルプール敷地内に入ってしまった。

・・・まぁいいか。

P9143176s       

P9143174s
広い。

そして静か。
P9143177s
黒い点はヤギ。

たまにヤギの背中に鳥が乗ってたりして、何かほのぼのする。

P9143180s
久々の静かなのんびりした風景で気分良くした私は、木陰でハーモニカを練習。

う~ん。のどか。

そしてここで声をかけられたのがまさかの日本人。

私の兄と同じ名前の彼は福島出身の大学生で、昔交換留学に来たバングラ人の友人を訪ねて来たそう。

初めて会った観光客が日本人て。

まぁインド人がバングラ観光してても気付かんやろうけどね。

そして一緒に併設の博物館に行く流れになってしまい、ここで入場券持ってないことがバレてお支払い。

初めてバングラで観光料払ったかも・・・。

そして今度はちゃんと正面出入口から出る。

なぜかアヒルがいっぱい。

P9143186s
「カレー味の何か」に若干飽きた私が、この時期よく食べてたのはフルーツ。

宿の近くのりんご屋さん。

P9153190s
バングラのりんごは日本で言う「姫りんご」くらいの小ぶり。
あまり美味しくない。

バナナは美味しかったけど、意外にオレンジも甘くてよく買った。

ジョエプルハットで泊まった宿はなかなか良かったので、休憩がてらここで3泊。

「Hotel Pritibi(ホテル プリティビ)」

P9133172s
部屋もソファーがあったり、結構広くてきれい。

P9133169s

多分ノラだけど、いかにも「ベンガルネコ」みたいな猫さんもいた。

P9153194s

 ベランダからの町並み。

P9133171s

 

★世界を旅するSHIHOさんのワーホリブログ
http://tabijyo.blog76.fc2.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集:ミャンマー

2013年12月16日 更新▲

ミャンマー
Golden Rock @ Dusk
Golden Rock @ Dusk / kudumomo

どうしてこんなに危うい場所で
平然と留まっていられるのか。
騒々しいギャラリーを尻目に
微塵も揺らぐことのない君。
堂々たる姿は僕らを挑発し
君に触れたいという衝動を
今もこうして湧き起こさせる。

Myanmar Myanmar Food
Myanmar Temple Buddhist Monastery, Naungshwe, Myanmar
Myanmar / eGuide Travel Myanmar Food / fabulousfabs
Myanmar Temple / eGuide Travel Buddhist Monastery, Naungshwe, Myanmar / shnnn

想像を絶する光景に出会ったとき、人は黙り込んでしまうものである。

今にも転がり出しそうな金色の岩。旅人は、このアンバランスな眺めを見つめ、己の経験を思い起こす。そして、自分なりの見解を導き出そうと躍起になる。これが旅における沈黙の時といっていい。ミャンマーでは、目を見張るほどに煌く寺院、予想外に巨大な仏像など、言葉を失う機会が何かと多い。

ミャンマーは、中国とインドに挟まれた東南アジアの国である。「ビルマ」と呼ぶほうが馴染み深いという方もいらっしゃるだろう。ビルマは1989年までの呼び名で、2006年からは首都もヤンゴンからネピドーに移された。ヤンゴンよりも内陸に位置するネピドーへの遷都は、軍事対策の一環ともいわれる。

点在するパゴダ(仏塔)が印象的なミャンマーでは、国民の8割以上が仏教徒である。出家の儀式も日常的で、子どもの時分に夏休みなどの休暇を用いて済ませる人が多い。ミャンマーには笑みを湛えた仏像が多いというが、これは信心深く穏やかな国民性の表れともいえる。

依然、中心地として賑わうヤンゴン、ブッダの予言で建設されたという街マンダレー、世界三大遺跡のひとつと称されるパガン・・・。ミャンマーには、訪れてみないと分からない姿が、まだまだ沢山隠されている。

違いを確かめるべく、よく喋る人と旅をしてみて欲しい。
旅における沈黙は、豊かな時間の始まりである。

意外と知らない!海外旅行保険の「リピーター割引」とは?travel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不思議!ミャンマーの落ちない岩

2013年12月16日 更新▲

Kyaikto, The Golden Rock
Kyaikto, The Golden Rock / dulk

ヤンゴンから車で約3時間。キンプンという村にある「ゴールデン・ロック」をご存知だろうか。もしも身近に受験生を見つけたら、携帯電話の待ち受け画面に推奨したくなる人も多いだろう。ご覧のとおり、落ちそうで落ちない黄金色の岩である。

キンプンから乗り合いトラックで山道を1時間ほど走ると、ゴールデンロックの麓に到着する。ここから更に約1時間の登山を要するわけだが、現地での運がよければゴールデンロック付近まで登るトラックで訪れることも可能だ。

まるでCGのような光景だが、この岩が転がり落ちない理由は謎である。「ブッダの毛が入っているから」という仏教国ミャンマーらしい見解もある。女性以外なら岩面に触れることも可能。この世界的なミラクルを確かめに、いつか訪れてみてはどうだろうか。

24時間受付中!無料の資料請求はお気軽に!
seiho1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高さ100mのミャンマー名物!

2013年12月16日 更新▲

今回は、世界を旅するバックパッカーのSHIHOさんのミャンマーレポートをご紹介します。ビザ切れ間近にして、ミャンマー名物のシュエダゴン・バヤーに訪れたSHIHOさん。

P9022935s

この周辺には沢山のお堂があり、みんな思い思いの場所でお祈りをしたり、ごろごろ寝ていたりするそうです。現地の方に倣って寝転がってみたSHIHOさん。気が付いたら、なんと2時間も眠ってしまっていたのだとか!

P9022960s

ミャンマーといえば、きらびやかな電飾が印象的です。そんな中、お寺の敷地内にはATMや両替所が点在していてミスマッチな感も…。まるで清水寺のど真ん中にATMがあるようなもので、これにはSHIHOさんもげんなり。

P9022961s

でも、「人が良く、観光客に優しいだけではない」ミャンマーを知ることができたのが、この旅で得たいちばん大きなものだったそうです。下はSHIHOさんによる手書きの地図です。無料Wifiスポットや屋台の情報が満載!ぜひ街歩きの参考になさってくださいね。

pickupSHIHOさんの「ヤンゴン適当MAP」

P9032972s

世界のゴルフ場でプレーしてみませんか?
golf

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とっさに使える英会話(4)

2013年12月16日 更新▲

ゆっくり長期で海外に滞在したい・・・という読者様のお便りをよく頂戴します。そんなときに気になるのが、やはり日常的な英会話。このコーナーでは、講師歴20年のミスターワタナベに実践的な「使える英会話」を解説して頂きます。ご好評につき今回は第4弾をお届けします!

 

こんにちは。ミスターワタナベです。とっさに出てくることを重視した英会話講座、今回からは、何かを尋ねる表現を学びましょう。あたり前ですが、旅行に行くと知らないことだらけ。たとえ事前に学習したとしてもどうしても、人に何かを尋ねる場面に出くわします。そのとき覚えておくと便利なフレーズをご紹介します。

 

道を尋ねる表現

「Could you tell me the way to ~(場所)?」の表現は 「~へ行く道を教えてくれませんか?」

Could you tell me the way to the Grand Central Station ?

(グランドセントラル駅への道を教えてくれませんか?)

 

のように使います。 ここで、日本人が気になるのが、前置詞の使い方。

 

「~へ」を示すのは、「for?」「to?」は気になるところです。 判別の仕方は、「for」は「指し示す」、「to」は「向かっていく」のイメージ。

I leave for Tokyo at ten. (私は10時に東京を出発する)

I go to school by bus. (私はバスで学校にいきます)

向かっていく対象物がはっきりしており形として見えやすいイメージがあるもの(学校、駅)などが「to」になり、都市名など対象物が漠然としている場合は、「for」を使うというのがおおまかなルールです。

 

道を尋ねる場合に必須!地図上の言葉

street、avenue、roadはいずれも「通り」を指すイメージの言葉ですが、街によってルールは異なります。ニューヨーク市の場合は、南北方向をavenue、東西方向をstreetとして用いています。

 

周囲の街路表記と地図を照らし合わせて確認しておきましょう。あたりまえですが、旅先ではちゃんとあらかじめ地図を読み込んでおきましょう。ある程度の街の全体の把握は、尋ねる側が持つべきエチケットです。 親切に教えてもらっても、相手の言っている事が理解できないと困りますね。 go straight(まっすぐいく)、turn right(右曲がる)、corner(角の) などの単語は理解できるようにしておきましょう。

 

もし、現在地がわからなくなったら? 今回のフレーズを応用して Could you tell me where I am? (私はどこにいるか教えてくれませんか?)と尋ねるといいでしょう。

 

あなたの夢を応援する保険です!

long

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今いちばん行きたい国!

2013年12月16日 更新▲

読者様から寄せられた「今いちばん行きたい国」への思いをご紹介するコーナーです。この国(都市)への執着なら誰にも負けない!という読者様。どしどしご応募くださいね!

スコットランド   福岡県 ゆうさん(60代男性)の行きたい国
St.Andrews
St.Andrews / B4bees

若いころから行きたい国のトップ。妻の希望を入れてほかの国を訪れていて、まだ行っていないので近いうちにぜひにと思っています。ハイランド地方やアイル島のモルトウイスキーの蒸留所、セントアンドリュースなど、プランはふくらんでいるのです。(福岡県ゆうさん)

ライフプランニングのご相談はお気軽にどうぞ
crc

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様の声

2013年12月16日 更新▲

Travel-Modeのご感想や読者様が日頃お感じになっていることをご紹介するコーナーです。いつも貴重なご意見、本当にありがとうございます!

≪個人旅行について思うこと≫

個人旅行は全て自己責任ですので、忘れ物や迷子になったりしました。でも反対に多くの人との触れ合いが出来ました。今後は、今までに行った事の無い国や地域(アフリカ、南米)に行きたい。
【大阪府 たっちゃん 50代男性】

(よかった個人旅行は)ドイツ鉄道の旅。ジャーマンレイルパスで、ドイツを周遊。ライン川クルーズも、このパスで乗ることができるので、交通費を気にすることなく移動できてよかったです。
【三重県 ソラノさん 30代女性】

(やってみたい個人旅行)着物で巴里の街を歩きたい。
【大阪府 peneさん 40代女性】

現地に息子がいたので困らなかったが、もし自分たちだけだと、列車が遅れたとき、乗り間違えたときなど大変だろうと思う。
【岐阜県 あられんこさん 50代女性】

時間に縛られず、また食事も好きなものを注文できるし、団体旅行は荷物を運んでもらえるので楽ではあるが、自分で運ばねばならないので、体調管理や健康管理に気を付けるようになった。参加したくない免税店やお土産屋に連れていかれないのがいいし、時間にルーズな人に対してイラッとしなくて良いので楽しめる。延泊もできるし自由に予定を立てられるのが最高だし、自分の語学力アップにもなり地元の人たちと話せるのもうれしい。
【宮城県 チモミモさん 60代女性】

(個人旅行で困ったことは)まだ海外のホテルではウォシュレットが普及していないこと。良かったことは特別ない。長期滞在型の旅行をしたい。
【東京都 techy3さん 60代男性】

ハワイへは年に一度リピートします。また行ってみたい街は南イタリアのソレント。
【福岡県 ドラえもんさん 60代男性】

個人旅行の良さは(1)食事がおいしい。(事前においしい店を調べて行くので)(2)行きたい場所を心ゆくまで堪能できる。(3)地理に詳しくなれる。(公共交通機関を使って移動するのも楽しみ) (4)その土地の人と交流が持てる。
【福岡県 すずママさん 50代女性】

≪旅について日頃感じていることなど≫

海外は子供に優しいと感じます。日本ではそんなことないなぁ~
【大阪府 たびおさん 40代男性】

近頃の日本は、春と秋が短くなってしまいましたね(-_-;)そこで、本来の日本のように、四季がはっきりしてる国に行ってみたいです。そんな国はあるのかしら?
【福岡県 すずママさん 50代女性】

(最近気になっていること) 円安。
【東京都 makiさん 40代女性】

(世界遺産について)環境保護には良いが、保存・維持などが大変。
【兵庫県 ボブさん 男性50代】

フランスはまだ行ったことがないので、パリのホテル事情を知り、今後の参考になりました。
【三重県 ソラノさん 30代女性】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外務省情報(2013.12.9付)

2013年12月16日 更新▲

最新情報は外務省ホームページでご確認ください!

【重要】
タクロバンにおけるジャパンデスク移転のお知らせ
非日本語環境パソコンからの渡航情報(日本語)の閲覧
海外旅行保険加入のおすすめ

【海外邦人事件簿】
音信のない我が子、身を案じる親

【スポット情報】
2013/12/06
中央アフリカ:バンギ市内における戦闘の発生に伴う注意喚起
2013/12/06
イエメン:国防省でのテロ攻撃等の発生に伴う注意喚起
2013/12/04
シリア:ダマスカスにおける自爆テロの発生に伴う注意喚起
2013/12/04
鳥インフルエンザA(H7N9)のヒト感染症例発生(その6)

【危険情報】
2013/11/29
イラクに対する渡航情報(危険情報)の発出
2013/11/28
リベリアに対する渡航情報(危険情報)の発出

travel2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリスマスのメルヘン路面電車@スイス

2013年12月11日 更新▲

今回はスイス在住のApfelさんから
クリスマスの路面電車を紹介していただきました。

a654c6b6-s

 

チューリッヒの街を市民の足として日夜走り続ける走るトラム。

(トラム=路面電車)

 

市内各所に網羅されたトラムのラインは町中のどこへ出かけるのにも便利で、

無くてはならない存在であるのですが、

そんなスイスの街角で、

クリスマス前の子供たちのお楽しみ、

「メルリトラム」が今年もチューリッヒの街を走っています。

 

『メルリ ( Märli )』 とは、

ドイツでのメルヘン ( Märchen ) の “スイスドイツ語” バージョンで、

『トラム(Tram)』は路面電車を意味し、

“メルヘンチックな路面電車” と言う意味合いの

このクリスマス限定トラムは、

4歳から~10歳の子供たちを対象にクリスマス前の

11月最終週から約1ヶ月間、

一部の日曜日を除き毎日チューリッヒの街を走ります。

 

メルリトラムがスタートしたのは1958年の事。

55年間もの長きに渡り毎年、

クリスマスで賑わう市内を子供たちの夢を乗せて走っているこのトラム。

トラム自体は約100年も前に造られた年代物で、

クリスマスの前にだけ毎年街にお目見えします。

 

トラムに乗車できる乗客はチケットを確保できた子供たちだけ。

チケットの料金は8フラン(約 900円 / 2013年12月現在)

人気のこのトラムは発売と同時にチケットが売り切れになる事も多く、

親たちは子供たちを喜ばせようと、並んでチケットを入手!

親が何とかして手に入れたチケットを持った子供たちだけが

メルヘンの世界を体験できるという、

実は過酷な裏事情があったりも・・。

 

夢のトラム内ではサンタのコスチュームを身に着けた

“サミクラウス”(= スイスのサンタクロース)役の運転手と、

天使役の女性2人の大人が3名、あとは10人の子供たちだけ・・。

約20分のメルヘン電車の旅の途中には、

天使たちが絵本を読聞かせたり、

みんなで歌を歌ったりして過ごすのだそう。

 

先日、週末の土曜日に街に出た際、

ちょうど集合場所となっているベルビュー

(チューリッヒ市内の湖畔エリア)で、

そのトラムの出発の場面に出くわしました。

984f1a6f-s

行ってらっしゃーい。

しばしの間、子供たちだけの短い路面電車の旅の始まりです。

b4aa988b-s

 

 

e9fe0651-s

毎年この路面電車を目にする度、

クリスマスが近づいて来た事を実感するチューリッヒの街。

 

子供たちだけではなく、

大人の心をもなぜか温かくしてくれるこのメリルトラム。

変わらないここスイスで、

ず〜っと子供たちの夢を乗せて、走り続けて欲しいものです。

 

★スイスの様子がよく分かる
Apfelさんのブログ⇒ http://blog.livedoor.jp/erdbeere0712/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
海外旅行保険  60日前から申込みOK!(当日もOK)24時間受付 海外旅行保険のお申込みは簡単!10分で契約完了。忘れない今のうちにお申込みください。
お申込み
海外旅行保険お申込み
ページの先頭に戻る
RSSリーダーで購読する