海外旅行保険

Archive for 2015年01月


完成まであと11年?!快晴サグラダファミリア@バルセロナ

2015年01月20日 更新▲

今回は、チューリッヒ在住のApfelさんのバルセロナ旅をご紹介します!

03f527a7-s

滞在2日目の朝、11月のバルセロナは超快晴 ☀

宿泊したホテルのスタッフの方のお話では、

この時期のバルセロナは通常は雨が多く、

こんなに晴れて暖かかったのは稀に見る事であったのだそうです。

(日中の気温は17℃前後でした)

この日の予定はまず、

朝から世界遺産のサグラダファミリアを訪れ、

その後は気分次第でガウディの建築物巡りをしようと計画。

サグラダファミリアへの入場チケットは、

スイスから事前にチケットの予約をして行きました。

ネットでいろいろと検索をしてみたところ、

実際に訪れられた方々からの、

朝9時のオープン直後が比較的すいていてお勧めだとの情報を参考に、

なるべくそれに近い9時15分で予約。

これが大正解でした!!

朝からポカポカと散策日和でもあったため、

宿泊したホテル、エル パレス バルセロナ(El Palace Barcelona)からは、

歩いて訪れました。

(宿泊したホテルの記事は こちら)
バルセロナ、ロココ調のクラシックなラグジュアリーホテル(El Palace Barcelona)

ホテルからは地図を確認しながら歩いた事もあり、徒歩約20分。

ようやく世界遺産のガウディの建築物が見えてきました。

281b2c58-s

こちらはオンラインで予約したレシートです。[クレジットカードにて決済]

30beb0be-s

オンラインで予約し、

プリントアウトすれば簡単!

このレシートと共に、

見学の日にちと時間(タワーまで上る場合、

生誕のファザード/ 受難のファザードのどちらへか)

が書かれた書面も同時にプリントアウトし、持参します。

予約はこちらの公式サイトから(英語あり)
Visit Sagrada Familia

[サグラダファミリアの予約方法は、かなり頻繁に変更されるそうです。

こちらに記載した情報は、あくまでも2014年の11月現在の情報です。

お出かけの際には最新の情報を各自で調べてご出発下さい。]

他に現地のツアーオペレーターなどを通し、

日本語での予約も可能なようですが、手数料がかかります。

私たちは公式サイトから、

聖堂内部の見学とタワーの見学(オーディオガイド付き)チケットを予約。

タワーへ登る場合は予約の時点で、

「生誕のファザード(The Nativity façad)」

または、

「受難のファザード(Passion façade)」

どちらかを選択する必要があります。

午前9時15分の予約で、

チケット(プリントアウトした紙)には入場の時間が、

9:15 〜 9:30 と記述されていたように記憶しています。

せっかくスイスから予約して出かけたのだし、

この大切な機会を絶対に逃すまいと、

夫 Banana と共に余裕を持ってホテルを出発したため、9時少し前には到着 ♪

朝一番から、既に当日券を求める人たちらしい長蛇の列が、

敷地をぐる〜りと一周するくらい出来ていました。

入場券は、事前予約を絶対におススメします!!

情報通り、朝のサグラダファミリア周辺は、まだ比較的空いていました。

3234d9d2-s

ちなみにこちらは、聖堂内と塔内の見学を終えた正午前。

明らかに朝一番よりも混み合っています。

7794e028-s

これが「生誕のファザード」です。

b0c03329-s

そしてこちらが「受難のファザード」

4440cc20-s

生誕のファザードを見学予定であったため、時間までまずはその周辺を見学。

88d53729-s

「生誕のファザード」は太陽が昇る東側に面しています。

このファザードはイエスの誕生の喜びを表したものだそうです。

生誕のファザードの上の部分には、

「生命の木」 「聖母マリアの戴冠」が見えます。

a58a8596-s

「生命の木」には、腐敗しないものの象徴である糸杉は永遠の命、

鳩は神の元に集る信者と聖霊を表し、

木の下のペリカンは、原始キリスト教のシンボルで、

聖体の秘跡を表しているとの事。 〈地球の歩き方より〉

c5c58202-s

「聖母マリアの戴冠」は、神への献身的な愛への報いとして、

イエスが聖母マリアに冠を捧げる瞬間が表されているそうです。〈地球の歩き方より〉

d92f4d16-s

羊飼いの礼拝

5a1593b4-s

東方三博士の礼拝

52d9d173-s

いよいよ聖堂内へ・・。

9ceb9ced-s

その美しさには、ただただ圧倒されるばかり・・。

サグラダファミリアの完成は2026年の予定との事ですが、

聖堂内はほぼ完成しているようで、全く工事中の気配はありませんでした。

1061e70d-s

次は更なる聖堂内の様子と、ファザードの見学の様子へと続きます。

 

ューリッヒ湖畔に住むApfelさんのブログはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふたりきりで夜景を…しかし!!

2015年01月15日 更新▲

福島県cocoさん40代女性の体験された、ちょっと切ない体験談。

 

Traditional Chinese Junk on Victoria Harbor in Hong KongTraditional Chinese Junk on Victoria Harbor in Hong Kong / firepile  ※写真はイメージです。

 

香港で、クルーザーに乗って夜景を堪能する現地ツアーに1人で参加した時、そのツアーへの他の申込者がいなかったために、現地スタッフの中年のおじさんと2人で夜景を眺めるはめになり、切なくなりました。カッコイイお兄さんなら、まだ話は別だったのですが・・・(笑)(cocoさん)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TRAVEL-MODE1月号

2015年01月15日 更新▲

 

まるで現地を歩いているみたい!大好評のハノイ街角動画

 

 

 

 

 旧市街地区にあるドンスアン市場は、ハノイ最大の市場。日用雑貨や衣料品の店が並び、特に綿やシルク生地の品揃えが豊富で安いことでも知られています。また周辺は生鮮食料品の路上市場になっており、カゴを担いだ売り子さんも沢山見られ、活気に満ちています。

 

 

yuri2s

 

P6231712as

 

今月のTRAVEL-MODEは、円安の今こそお得感のある東南アジア!ハノイの街角動画・第2弾に加え、世界の街からお届けする旅人レポートでは、インドネシア・バリの気持ちい~い〇〇をご紹介。バックパッカーの姉が海外旅行が初めての妹を連れて行った先とは・・・?

 

12245351993_b832dec328_zカンボジアみやげ

3815869979_387ec985ef_z海外トラブル

そして、海外がっかり情報ではロマンティックな香港ナイトクルーズでの出来事!ひとり旅のCOCOさんを待ち受けていたのは・・・?おすすめみやげのコーナーでは、カンボジアの〇〇をご紹介!「あー!こんなことなら、もっと買って来るんだった!」と悔やむほどの絶品みやげとは・・・?続きはこちら!

 

 Colourful Stall / mikecogh   Traditional Chinese Junk on Victoria Harbor in Hong Kong / firepile

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックパッカー流!バリのアットホーム旅行

2015年01月15日 更新▲

今回はバックパッカーのSHIHOさんが、妹さんを連れて弾丸ツアーです!

 

世界を旅するSHIHOさん。しかしその妹さんは、なんと今回が初の海外旅行。いろんなツアー商品のあるバリ島ですが、妹さんが選んだのは、やはり旅慣れた姉、SHIHOさんプロデュースの行程。SHIHOさん曰く、「たまに道にも迷い、自分のタイミングですぐに休憩したがるガイド」だそうですが、さすがはバックパッカー。パッケージツアーでは滅多に体験できない、ローカルな旅の始まりです!

 

yuri1s

 

SHIHOさんが旅の3日目の宿として選んだのは、前回もお世話になったという「YULIATI HOUSE(ユリアティハウス)」。ここはアットホームで、お庭もいい感じだそうです。ウブドは中心部を離れるとのんびりした田園風景の広がる町で、避暑地として利用する人も多く、ホテルが豊富なんだとか。今回のユリアティのように、広いお宅にホームステイする感覚で泊まれる宿も、いくつか点在しているようです。

 

yuri2s

 

早速、家主のアジさんから、木琴のような楽器でガムラン(バリの伝統音楽)を習う妹さん。伝統舞踊の伴奏音楽として利用されることの多いガムランですが、アジさんの娘さん達は、現役ダンサーなので、都合が合えばバリ舞踊を習うこともできるんだとか!SHIHOさんも以前習ったそうですが、見た目以上に難しいそうです。

 

IMG_1772as

 

お昼はママの店でインドネシア料理。これはSHIHOさんが、旅をした中で最も美味しかった地酒として挙げている「ブルム」です。ちなみにSHIHOさん独自の地酒ランキングによると・・・

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

★1位 ブルム (インドネシア・ウブド)

★2位 ライスウォーター (中国・龍勝)

★3位 桂花酒 (中国・老案山)

★4位 ライスワイン (ベトナム・サパ)

★5位 ラオサート (ラオス・ルアンパパーン)

 

 なんだそうです。

 

P6231712as OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 そしてこれは、SHIHOさんが間違いない!と太鼓判を押す、ミーゴレン(焼きそば)とナシチャンプルー(まぜご飯)。おいしそう・・・♪

canticas cantica2s

こちらは、バリマッサージを満喫できる「サンティカスパ」です。SHIHOさんは初のバリマッサージだったそう。マッサージ自体は、気持ちよかったそうですが・・・

 

・窓から外が見えすぎる。(人が通る)
・スクラブが冷たすぎて寒くなる。
・お風呂で放置される。(その後の指示がない)

 

という難点もあったようです。
でも、これで105分・約1500円は安いと思ったそう。日本では10分1000円が相場です。

cantica3s

こちらはSHIHOさん人生初のフラワーバス。(ジンジャーティー付き)

 

サンティカスパでは、他のメニューもあるようですが、SHIHOさんが体験されたのは、全身オイルのバリマッサージ+ルルール(スクラブ)+フラワーバスで、フェイシャル(顔)も軽くやってもらえたそう(なので、メイクは落としていった方がいいようです)。

 

場所は、ダラム・ウブド寺院近くの散歩コースに入って徒歩約10分のところ。予約無しでも出来ましたが、ベッド数はそんなに多くなかったとのこと。

 

P6231723as

 この日はバリ舞踊を見て、宿の人達と一緒に飲んで、就寝!まさに極楽ですねー。

皆さんも、オリジナルの行程で旅を楽しんでみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
海外旅行保険  60日前から申込みOK!(当日もOK)24時間受付 海外旅行保険のお申込みは簡単!10分で契約完了。忘れない今のうちにお申込みください。
お申込み
海外旅行保険お申込み
ページの先頭に戻る
RSSリーダーで購読する