海外旅行保険

携行品損害

4

携行品損害補償特約

保険金をお支払する場合

責任期間※中の偶然な事故(盗難・破損・火災など)により、携行品(*)に損害が生じた場合
(*)「携行品」とは、被保険者が被保険者の住宅(敷地を含みます。集合住宅においては居住している戸室内をいいます。)外において携行する被保険者の身の回り品(カメラ、衣類、定期券を除く乗車券等※、旅券など)をいいます。(被保険者の足元に置いた手荷物など身体周辺において管理しているもの、施錠されたホテルの自室保管の荷物など排他的に管理しているもの、やむを得ず航空会社・旅行業者に寄託したものを含み、別送品を除きます。)
(注1)補償の対象となる携行品には、被保険者所有の物のほか、旅行行程※開始前にその旅行のために他人から無償で借り入れた物を含みます。
(注2)次のものは補償の対象とはなりません。
通貨、小切手、株券、有価証券、印紙、切手、定期券、預金証書または貯金証書(通帳およびキャッシュカードを含みます。)、クレジットカード、自動車等※以外の運転免許証、稿本(本などの原稿)、設計書、図案、帳簿、船舶(ヨット、モーターボート、水上バイク、ボートおよびカヌーを含みます。)・自動車等およびこれらの付属品、別記の「補償対象外となる運動等」を行っている間のその運動等のための用具、ウインドサーフィン・サーフィンを行うための用具、義歯、義肢、コンタクトレンズ、動物、植物、商品・製品等、業務の目的のみに使用される設備・什器等、データ、ソフトウェア・プログラム等の無体物

など

保険金のお支払額

被害物の損害額(*)をお支払いします。
(*)被害物の修理費または時価額※のいずれか低い方をいい、運転免許証については再発給手数料を、乗車券等※についてはその経路・等級の範囲内で被保険者が事故の後に支出した費用等を、旅券については再取得費用(現地にて負担された場合に限ります。交通費、宿泊費を含みます。)をいいます。ただし、損害額は、1回の事故につき下表の金額を限度とします。

下記以外(1個、1組または1対のものについて) 10万円
乗車券等 5万円
旅券 5万円

(注1)保険金のお支払額は、保険期間を通じ、携行品損害保険金額が限度となります。(ただし、携行品損害保険金額が30万円(盗難等限度額)を超えるご契約の場合は、盗難、強盗および航空会社等寄託手荷物不着による損害については、保険期間を通じ30万円が限度となります。)
(注2)保険金は原則として日本国内にて円貨でお支払いしますので、事故証明書および損害額を証明する書類をお持ち帰りください。
(注3)補償内容が同様の保険契約(異なる保険種類の特約を含みます。)が他にある場合、補償の重複が生じることがあります。補償内容の差異や保険金額、ご契約の要否をご確認いただいたうえでご契約ください。

保険金をお支払いしない主な場合

    • 保険契約者、被保険者または保険金を受け取るべき方の故意または重大な過失による損害
    • 自動車等※の無資格運転、酒気帯び運転※または麻薬等を使用しての運転中の事故による損害
    • 被保険者が滞在する居住施設内にあるもの、別送品
    • 携行品の自然消耗、性質によるさび・かび・変色、ねずみ食い、虫食い、欠陥による損害
    • 携行品の汚れ・キズ・塗料のはがれ等、機能に支障がない外観上の損害
    • 偶然な外来の事故に直接起因しない携行品の電気的事故・機械的事故(故障等)による損害。ただし、これらの事由によって発生した火災による損害を除きます。
    • 携行品である液体の流出による損害。ただし、その結果として他の携行品に生じた損害を除きます。
    • 携行品の置き忘れまたは紛失による損害
    • 戦争、その他の変乱※による損害(テロ行為による損害は、戦争危険等免責に関する一部修正特約により、保険金の支払対象となります。)
    • 核燃料物質等の放射性・爆発性等による損害
    • 公権力の行使(差し押え・没収・破壊等)による損害(火災消防・避難に必要な処置としてなされた場合、施錠された手荷物が空港等での安全確認検査等でその錠を壊された場合を除きます。)

など

  • 被保険者が旅行行程中に従事する職業・職務が<ご契約の引受範囲外>に該当する場合は、この保険契約の引受範囲を超えるため、お引受ができません。また、旅行行程中に従事する職業・職務に変更が生じ、<ご契約の引受範囲外>に該当した場合は、保険契約を解除し、<ご契約の引受範囲外>の職業・職務に従事中のケガについては保険金をお支払いしません。

    <ご契約の引受範囲外>
    農林・漁業・採鉱・採石作業者、自動車運転者(助手を含む)、木・竹・草・つる製品製造作業者、建設作業者、オートテスター(テストライダー)、オートバイ競争選手、自動車競争選手、自転車競争選手(競輪選手)、モーターボート(水上オートバイを含む)競争選手、猛獣取扱者(動物園の飼育係を含む)、プロボクサー、プロレスラー、ローラーゲーム選手(レフリー含む)、力士、その他これらと同程度またはそれ以上の危険な職業
  • 目的地を変更する場合は、別途当社所定の割増保険料が必要な場合があります。割増保険料を払込みいただかないとお受取りになる保険金が削減または支払われない場合がありますのでご注意ください。
  • 保険期間(保険のご契約期間)は旅行期間にあわせて設定してください。
  • すべてのご契約に「戦争危険等免責に関する一部修正特約」が自動的にセットされ、保険金をお支払いしない場合のうち「戦争、その他の変乱※」については、テロ行為はお支払いの対象となります。テロ行為とは、政治的、社会的もしくは宗教・思想的な主義・主張を有する団体・個人またはこれと連帯するものがその主義・主張に関して行う暴力的行動をいいます。
  • [ファミリープラン(家族旅行特約セット)の場合]被保険者は、保険証券の本人欄に記載の方および契約確認書記載の次に掲げる方とします。
    • 1.本人の配偶者※(本人と婚姻の届出を予定している方を含みます。)
    • 2.本人または配偶者と同居の親族
    • 3.本人または配偶者と別居の未婚※の子
    (注)上記の家族構成は、保険契約締結時のものをいいます。保険契約締結時に本人以外の被保険者が上記1~3に該当しなかった場合には、お支払いする保険金が削減されることがあります。

※印の用語のご説明

  • 「医学的他覚所見」とは、理学的検査、神経学的検査、臨床検査、画像検査等により認められる異常所見をいいます。
  • 「医師」とは、日本国外においては、被保険者が診療または診断を受けた地および時における医師に相当する資格を有する者をいいます。また、被保険者が医師である場合は、被保険者以外の医師をいいます。
  • 「1回の病気」には、合併症および続発症を含みます。
  • 「競技等」とは、競技、競争、興行(*)または試運転をいいます。また、競技場におけるフリー走行など競技等に準ずるものを含みます。
    (*)いずれもそのための練習を含みます。
  • 「緊急歯科治療」とは、歯科医師※が必要であると認め、歯科医師が行う歯科疾病に対する治療のうち、痛みや苦痛を一時的に除去・緩和するための応急処置、義歯・歯科矯正装置の応急修理で、かつ、社会通念上妥当なものをいいます。
  • 「頸(けい)部症候群」とは、いわゆる「むちうち症」をいいます。
  • 「ケガ」とは、急激かつ偶然な外来の事故によって身体に被った傷害をいいます。
    「急激」とは「事故が突発的で、傷害発生までの過程において時間的間隔がないこと」を意味します。
    「偶然」とは「保険事故の原因または結果の発生が被保険者にとって予知できない、被保険者の意思に基づかないこと」を意味します。
    「外来」とは「保険事故の原因が被保険者の身体外部からの作用によること、身体に内在する疾病要因の作用でないこと」を意味します。
    「傷害」には、身体外部から有毒ガスまたは有毒物質を偶然かつ一時に吸入、吸収または摂取した場合に急激に生ずる中毒症状(*)を含みます。
    (*)継続的に吸入、吸収または摂取した結果生ずる中毒症状を除きます。
  • 「現地」とは、事故発生地または被保険者の収容地または勤務地をいいます。
  • 「後遺障害」とは、治療※の効果が医学上期待できない状態であって、被保険者の身体に残された症状が将来においても回復できない機能の重大な障害に至ったものまたは身体の一部の欠損をいいます。ただし、被保険者が症状を訴えている場合であっても、それを裏付けるに足りる医学的他覚所見※のないものを除きます。
  • 「歯科医師」とは、日本国外においては、被保険者が診療または診断を受けた地および時における歯科医師に相当する資格を有する者をいいます。また、被保険者が歯科医師である場合は、被保険者以外の歯科医師をいいます。
  • 「時価額」とは、損害が発生した時の発生した場所における保険の対象の価額であって、再調達価額(*)から使用による消耗分を差し引いた金額をいいます。
    (*)「再調達価額」とは、損害が発生した時の発生した場所における保険の対象と同一の構造、質、用途、規模、型、能力のものを再取得するのに必要な金額をいいます。
  • 「自動車等」とは、自動車または原動機付自転車をいいます。
  • 「酒気帯び運転」とは、道路交通法第65条(酒気帯び運転等の禁止)第1項に定める酒気を帯びた状態で自動車等※を運転することをいいます。
  • 「宿泊施設」とは、ホテル等の宿泊施設をいい、居住施設を除きます。
  • 「乗車券等」とは、鉄道・船舶・航空機の乗車船券・航空券、宿泊券、観光券または旅行券をいいます。ただし、定期券は含まれません。
  • 「乗用具」とは、自動車等※、モーターボート(水上オートバイを含みます。)、ゴーカート、スノーモービルその他これらに類するものをいいます。
  • 「所定の感染症」とは、コレラ、ペスト、天然痘、発疹(しん)チフス、ラッサ熱、マラリア、回帰熱、黄熱、重症急性呼吸器症候群(SARS)、エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、マールブルグ病、コクシジオイデス症、デング熱、顎口虫(がっこうちゅう)、ウエストナイル熱、リッサウイルス感染症、腎症候性出血熱、ハンタウイルス肺症候群、高病原性鳥インフルエンザ、ニパウイルス感染症、赤痢、ダニ媒介性脳炎、腸チフス、リフトバレー熱、レプトスピラ症をいいます。(平成25年4月現在)
  • 「親族」とは、6親等内の血族、配偶者※および3親等内の姻族をいいます。
  • 「責任期間」とは、保険期間中でかつ旅行行程※中をいいます。
  • 「その他の変乱」とは、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱その他これらに類似の事変をいいます。
  • 「損害賠償請求費用」とは、弁護士報酬、司法書士報酬、行政書士報酬や訴訟費用等をいいます。
  • 「治療」とは、医師※が必要と認め、医師が行う治療をいいます。
  • 「入院」とは、自宅等での治療※が困難なため、病院または診療所に入り、常に医師の管理下において治療に専念することをいいます。
  • 「配偶者」とは、婚姻の相手方をいい、婚姻の届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情(内縁関係)にある方を含みます。
  • 「賠償義務者」とは、被保険者が被る被害にかかわる損害賠償請求を受ける方をいいます。
  • 「発病」とは、医師※の診断(*)による発病をいいます。
    (*)人間ドックや定期健康診断での指摘を含みます。
  • 「病気」とは、ケガ※以外の身体の障害をいいます。ただし、妊娠、出産、早産および流産を除きます。
  • 「部屋」とは、部屋内の動産を含みます。
  • 「未婚」とは、これまでに婚姻歴がないことをいいます。
  • 「旅行行程」とは、契約確認書記載の海外旅行の目的をもって住居を出発してから住居に帰着するまでの旅行行程をいいます。

[別記]補償対象外となる運動等
山岳登はん(*1)、リュージュ、ボブスレー、スケルトン、航空機(*2)操縦(*3)、スカイダイビング、ハンググライダー搭乗、超軽量動力機(*4)搭乗、ジャイロプレーン搭乗

その他これらに類する危険な運動


(*1)ピッケル、アイゼン、ザイル、ハンマー等の登山用具を使用するもの、ロッククライミング(フリークライミングを含みます。)をいいます。
(*2)グライダーおよび飛行船を除きます。
(*3)職務として操縦する場合を除きます。
(*4)モーターハンググライダー、マイクロライト機、ウルトラライト機等をいい、パラシュート型超軽量動力機(パラプレーン等をいいます。)を除きます。

三井住友海上 海外旅行保険 60日前から申込みOK!(当日もOK)24時間受付 海外旅行保険のお申込みは簡単!10分で契約完了。忘れない今のうちにお申込みください。
お申込み
海外旅行保険お申込み
ページの先頭に戻る
RSSリーダーで購読する